できるだけできないように!妊娠線ができやすい人とは?

妊娠線が出来やすい人は体重が結構増加し危機感が薄い人

妊娠線が出来やすい人は体重が結構増加し危機感が薄い人十分なケアが出来ていなかった部分に妊娠線ができショック妊娠線予防クリームはしっかり全体に使うことが大事

自身は産後に妊娠線ができてしまい、ショックを受けました。
そのため、妊娠線ができやすい人とはどんな人かというとある程度自身のような人なのではないかという結論が浮かびます。
具体的には、ケアをしても十分なケアとなっておらず、妊娠中に体重が結構増えた人と言えるでしょう。
また、妊娠線ができたらどんな風になるのか具体的な予想が浅い人という点も付け加えます。
妊娠線ができるメカニズムを簡単に言うと、表面の皮膚の成長がその下の皮膚の伸びよりも遅くなることで、くっついていた部分が一部離れてしまうということです。
つまり、表面の皮膚よりもその下の皮膚の伸びが少なければ妊娠線は防げるでしょう。

経産婦は要注意!?妊娠線ができる割合と妊娠線のできやすい人https://t.co/joHvKm8KY7 #育児  #子育て #wmjp
カテゴリ:妊娠・出産 [ from cocomaga ]

— 子育てニュースまとめ (@news_kosodate) March 5, 2020
そう考えると、妊娠中に体重が結構増えてしまい、表面の皮膚の成長が追い付かなくなってしまうと妊娠線ができやすくなるといえます。
自身はそうしたタイプだったため、妊娠線ができてしまったのでしょう。
さらに、妊娠中に防止クリームを持ちって丁寧にケアしていたのですが、妊娠線がどんなものでそれがどれほどできたときにショックなものなのかについてあまり深く考えたことがなかったので、何が何でも防がなければという認識が少なかったのだと思います。
妊娠線についての危機感が少なかったことで、できてしまったのではないかということです。